軸流ファンの用途や使い方について説明します

ファンには様々な種類や用途、使い方があります。日常で、よく見るファンといえば送風機や換気扇などがわかりやすいものではないでしょうか。ファンはわかるけれど、さらにそこから様々な種類があってその名称やどのような用途があるのかをぴんと来ない方も多いかと思います。今回は、その様々な種類のあるファンの中の軸流ファンを紹介していきます。軸流ファンはAC軸流ファンや省工数を実現するボックスファンなどに使用されています。低騒音で、長寿命などを配慮された設計になっていて、最適クーリングを実現する装置になっています。軸流ファンとはどういったものなのか、どのような用途があり、どのようなものに使用されているのかを紹介していきます。また、特徴なども紹介していきたいと思います。

軸流ファンにはどのような種類があるのか

軸流ファンは、先ほど言ったようにファンの種類の一つになります。ファンには、遠心ファンや斜流ファン、横流ファン、シロッコファンなど様々な種類があります。その中で、日常的に比較的みられるのが、シロッコファンや今回紹介する軸流ファンになります。こちらの2種類は、空調設備関係の物やモーターに利用されることが多いです。そして、軸流ファンは先ほど書いたように長寿命である強靭性があります。また、力が強くパワフルな一面もあります。その特徴を生かしたものに使用されています。例えば、送風機などに使用されており、他にも企業や農業系で使用されている農業用軸流ファンやラジエーター冷却、モーターなどに使用されています。また、最近は小型化が進み、小型加湿器としても利用されています。

軸流ファンの特徴や使用したことによるメリット

ファンに様々な種類があるのは、それぞれの特徴が違うためです。そのため、いくら軸流ファンが長寿命で、低騒音や力強いことが特徴だとしても、使用用途が違うと意味がありません。軸流ファンは、扇風機のような形状が特徴的です。そのような形のため、とても強い風を起こすことが出来るのです。また、小型化が進んだことにより、他のファンに比べて安定感が強いです。また、また他のファンに比べ、振動を抑えるための工夫などが軸流ファンには必要がない場合が多いです。そして、効率の良さが抜群で、発熱体の冷却などにも使用されることが多いです。そのような特徴やメリットが軸流ファンにはあります。もちろん軸流ファンだけがすべていいという訳ではありませんが、様々な理由から使いやすいファンということがわかります。