どのような種類の軸流ファンがあるのかをまとめました

軸流ファンとは、様々な用途で安定した冷却を行うことができる機器のことです。機器の中が作動しているとどうしても熱がこもってしまってその熱が故障の元になってしまいます。熱によって影響を受けやすい機器のため、軸流ファンはとても大きな役割を担っているのです。軸流ファンは、さまざまある種類の中の1種類のことを言い、斜流ファン、遠心ファン、横流ファンなどのファンが存在していて、その中でプロペラ型のもののことを軸流ファンというのです。軸流ファンは、後ろの空気を軸にそってまっすぐ送りだすという構造のファンです。送ることのできる空気が多いのですが、その代わりに軸流ファンは、圧力に弱いという弱点も持っています。さまざまなファンがある中で、空気の流れを考えることや圧力や風量を考慮した上でファンを使い分ける必要があります。

さまざまある軸流ファンの種類について

さまざまなところに使われる送風機なのですが、身近なところでよく使われているのがキッチンの換気扇です。換気扇に使用されているファンには、軸流ファンの他に、斜流ファン、遠心ファン、横流ファンがあります。それぞれ、使用用途や使用条件によって使い分けられるのです。軸流ファンは、プロペラ型になっていて風量がたくさん送ることができるタイプなのですが、圧力に弱い構造になっています。遠心ファンには、シロッコ型とモータ型があり、どちらも圧力に強い特徴があるため、ダクトによく用いられるのです。斜流ファンの性能は、軸流ファンと遠心ファンの中間の送風機になります。横流ファンは、クロスフローファンと呼ばれていて、軸方向に長い送風幅を持つことができるのですが、静圧が低いという特徴があるため、ダクトの送風機には向いていない送風機になります。

日常生活で使われる軸流ファンとシロッコファンの特徴

さまざまなファンが存在している中で私たちの生活の中でよく用いられているファンは、軸流ファンと遠心ファンのシロッコファンです。軸流ファンは、送風量が多いことから防爆エリアや高温エリアに用いられることが多く、他のファンに比べて圧倒的なパワフルさと頑丈さが特徴です。素材も丈夫なもので作られていることが多いため、ちょっとのことでは壊れにくいとされています。シロッコファンは、タイヤのような丸みを帯びた形で非常に軽いことが特徴なため小型の商品を作りやすくなっています。軽くて大きなものから小さなものまでオールマイティーに使用することができるため、軸流ファンのようなパワフルさはないのですが、さまざまな機器に用いられています。軸流ファンは、そのパワフルさの特徴から企業などで使われることが多いです。反対にシロッコファンは、軽くて小型化できる特徴から冷蔵庫や生活家電などに使用されることが多くあるのです。